大人ニキビを薬で対策

大人ニキビの薬はどこで買う?市販、薬局、通販の比較

ニキビの薬は色んな種類がありますが、それぞれ特徴や効果が違うので調べるのが大変です。

 

市販の薬は通販の薬と異なります。
それぞれ特徴があり、症状によって使い分ける必要があります。

 

大人ニキビ対策

 

例えば、思春期の10代の頃のニキビ(赤ニキビ)は、成長期のホルモンバランスの乱れが主な原因であるため、その時期を過ぎると自然とおさまります。
この症状には、プロアクティブなどの肌に強すぎない成分のものがおすすめです。
(大人ニキビは思春期ニキビとは全く異なりますので、大人ニキビにプロアクティブを使っても改善が見られません。)

 

市販のニキビ薬

早速、大人ニキビに効く薬を見ていきましょう。
先ずは市販のニキビ治療薬です。

 

使ってみて改善した経験を元に、個人的に「この薬は効いたよ」というものですので参考程度にとどめてくださいね。

 

テラ・コートリル、フキディア、ペアアクネクリーム、オロナインH軟膏

 

特にテラ・コートリルは処方薬として利用されている医薬品です。
薬局など市販で買うことも出来ます。

 

使ってみた中で最も効果を感じたニキビ薬です。

 

このテラ・コートリルを夜寝る前に塗るのですが、朝起きると患部が治まっていることがほとんどです。
さすがに医薬品ということだけあり、この即効性には驚きです。

 

ただ、注意する点があります。

 

テラ・コートリルはステロイド配合のニキビ薬ということ。

 

ステロイドはご存じの方もいると思いますが、大事なことですので一応説明します。

 

大人ニキビ注意点
ステロイド配合の薬は、使用方法、用量を間違えると肌トラブルを起こします。

 

つまり、間違った使い方をすると副作用があるということです。
副作用ですが、肌に赤みや湿疹がでたりするようです。

 

正しい使い方は、

 

「ニキビの患部に綿棒で薄めに塗る」※患部以外の肌につかないようにする。
「連続使用は避ける」※10〜14日は空けながら使う。

 

これを守れば大丈夫です。

 

気になる点がもう一つあります。
それは、ややベタつきがあるのです。これがお化粧のじゃまになるんです。

 

なので、薬を塗るのは夜寝る前限定にするのが良いと思います。

 

ニキビがある程度治ったときにすること

これらのニキビ薬を使ってニキビがある程度治ったら、そこからが大事です!

 

ニキビというのは再び出てくるという特徴がありますよね。

 

大人ニキビ予防

 

同じ所にまたでてきた。。。という経験をしている人は多いのではないでしょうか。

 

ニキビ予防のためには結構な苦労が必要になります。

 

実は、ニキビが治まっているときのケアが最も大事なのです。

 

洗顔料や保湿化粧水など、大人ニキビの再発防止に良いのはどれ??

 

大人ニキビの予防や対策として効果の高い薬は通販で販売しているものが多いです。

 

おる程度ニキビが治まったときに、すぐに洗顔と化粧水でケアを始めることが大切です。

 

大人ニキビ用の洗顔料や化粧水は色々あるのですが、その中でも「お手入れが最も楽で効果が高い!」と利用者の評価が最も高かったのがこの●●です!

 

 

思春期ニキビと大人ニキビの違い

10代の頃のように、やみくもに洗顔をしたり、同じ薬品を使っても、大人ニキビには効果がないばかりか、肌を傷付け、悪化させてしまうことさえあります。
実は薬局の薬で治すよりも、根本的な改善ができる化粧品を選ぶことが重要です。

 

ニキビができた時、口周りというのは特に気になりますね。このような口周りは実はストレスによるホルモンバランスの乱れが原因であることがあります。
他にも、紫外線や喫煙、食生活の乱れ、寝不足や便秘などもその原因であることがあります。

 

このように考えると、大人ニキビは食生活を見直すようにという身体からのサインなのかもしれません。

 

まだ症状が軽い場合、例えばニキビの色が白かったりする場合は薬を使うのもよいですが、化粧水によるケアもお金がかからないのでおすすめです。

 

ニキビが軽い症状のときにはじめるケア

 

基本的には肌(毛穴)に老廃物を溜めないことがニキビ予防になるのですが、どうしても溜まりやすいので、ニキビ治療の石鹸で洗い流すのが最適なんです。
つまり洗顔ですね。

 

日頃のケアで大人ニキビを予防するには、化粧水セットによる洗顔を基本とするのがおすすめです。

 

化粧水を選ぶときは色いろあるのですが、自分の肌に合った物を選びます。

 

自分の肌が乾燥肌タイプなら保湿重視の化粧水、オイリー肌ならオイルフリーの化粧水を使うのが基本です。

 

化粧水でもニキビ対策できるので、症状が悪化していない人は日々のケアを怠らずにして下さい!

 

おすすめはオルビスとかです。通販で買えます。
値段もお手頃(セットで1000円台)なのでトライアル品で一度試してみるといいと思います。

大人ニキビに効く薬について

実際のところ、ニキビが出来たときに行う薬での処置というのは単なる応急処置になります。

 

一時的に改善しても、市販の薬で治したニキビは、すぐまた出来てしまうのです。

 

その原因は毛穴のケアに深く関係しています。
根本的な大人にきびの治療を行いたいときは、大人向けの薬による日々のスキンケアが効果的です。

 

私はニキビ対策の薬を使ったことで、アゴやほっぺの大人にきびができにくくなりました。

 

正しい方法で肌をケアしてあげれば、お化粧のりも良くなるので一石二鳥ですよ。
アラサーの私が言うのもなんですが、始めるのに今からでも遅くないと思います。

 

 

ニキビは思春期だけのものではなく、大人になってもできることがあります。
大人ニキビは思春期ニキビと比べ、悪化しやすく治りにくいという特徴があります。

 

そのため、出来てから対処するより、出来ないように予防することが大切です。
特に、頬に出来たニキビは悪化しやすいので注意が必要です。

 

大人ニキビの主な原因は、古い角質の蓄積と肌の感想です。
そのため、大人ニキビの予防には、正しい洗顔方法で毛穴の汚れを落とし、その後化粧水を使ってきちんと保湿をすることが重要です。

 

特に頬は乾燥しやすいので、化粧水を念入りにつけることが大切です。

 

 

ニキビが出来てしまった場合は、殺菌効果やターンオーバー促進効果のある美容液を使うと治りが早くなります。
ビタミンCはこれらの働きを高める効果があるので、ビタミンC配合の美容液を使うとより高い効果が期待できます。

 

 

口周りにできる大人ニキビの原因は、胃腸障害やホルモンバランスの乱れによって引き起こされます。
不規則な生活リズムや偏った食生活やストレスによって、胃腸が弱っている場合は、胃腸薬を服用することでニキビを改善することができます。

 

偏った食生活を送っている場合は、栄養不足によってもニキビが出来てしまいます。
その為、ビタミンBやビタミンCのサプリメントも取り入れると良いです。

 

ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる口周りのニキビは、男性ホルモンが優位の状態になっています。
男性ホルモンが優位な場合、皮脂の分泌を促すため、毛穴に皮脂が詰まり大人ニキビを引き起こします。

 

この場合は、皮膚科で治療を行ってもらうのが良いです。
皮膚科では、大人ニキビの治療をしているところがあります。そこでは、ニキビ治療薬や男性ホルモンの分泌を抑える薬を処方してもらえる場合があります。