大人ニキビの原因

ニキビの原因

ニキビは様々な要因によって作られ、悪化していきます。
最初は「白ニキビ」→「黒ニキビ」→「赤ニキビ」→「黄ニキビ」となっていきます。
赤ニキビの段階で、炎症している状態ですから痛みを感じます。
黄ニキビまでなると、ニキビ跡が残りやすくなるため、赤ニキビまでで治すことが大切です。

 

大人ニキビを治す方法にはいろいろあります。
日々のスキンケア方法を見直すことで治す方法、発症の原因をつきとめてそれを改善することで治す方法、専門機関で治療を受ける方法など様々です。
ニキビがどのようなメカニズムによって作られるかを知ることで、ニキビを予防することもできます。
思春期にできるニキビは、成長期に伴い皮脂分泌が活発になることでできやすくなります。
20才前後になってホルモンバランスが整えば、皮脂分泌も安定すると思います。

 

ニキビができる原因と、それに合わせた治し方について考えていきたいと思います。
ニキビは、毛穴が角栓でふさがれてしまい皮脂が溜まってできます。
皮脂は肌の表面を守るという大切な役割があります。
しかしこれが肌への乾燥刺激、ストレスなどによって男性ホルモンをたくさん分泌してしまうとニキビの原因となるのです。
男性ホルモンは、毛穴を収縮させて、肌のバリア機能の低下をもたらすため角栓が詰まりやすい肌質に導いてしまいます。

 

睡眠不足などによって、体のリズムが乱れていると肌トラブルのもとになってしまいます。
ニキビも同様です。
正しい睡眠をとって、ニキビができにくいように予防していくことが大切です。

 

毎日の食事も大切です。
栄養バランスが悪いと皮脂分泌に影響をもたらすため、偏りのない食生活を心掛けなければいけません。