ニキビの間違った治療方法

やってはいけないこと

ニキビができるとついやってしまいたくなるけれど、やってはいけないことがあります。
まずニキビを触ったり潰したりすることです。
無意識のうちにニキビを気にして触ってしまうことがあると思います。
しかしこれではニキビを悪化させてしまいます。
手についた雑菌がニキビを炎症させてしまうのです。
まして潰すのはだめです。
ニキビを治す方法として、ニキビを潰すといいと聞いたことがあります。
しかしこれは初期の白ニキビのことであり、通常みなさんがニキビを気にしだす赤ニキビに対しては逆効果です。
治すどころかニキビを悪化させてしまう方法なので、決して潰さないでください。

 

次に洗顔のしすぎにも注意してください。
ニキビの原因が皮脂だから、余分な皮脂を少しでも落とそうとして普段よりも一生懸命洗顔してしまう人がいます。
しかしこの方法は間違いです。
皮脂をとりすぎてしまい肌が乾燥してしまうと逆効果です。
ニキビ専用の洗顔料を使って治す方法も一部で紹介されていますが、これもあまりおすすめしません。
ニキビ専用のものは、通常の洗顔料よりも皮脂をたくさん落としすぎてしまうものがあります。

 

次にニキビを隠そうとして化粧を厚塗りしないでください。
ファンデーション、コンシーラーを使ってニキビを隠している人、多いと思います。
しかし早く治すためには悪影響なのでやめたほうがいいと思います。
ファンデーションを塗るときにニキビに刺激を与えてしまったり、化粧の成分が刺激してしまったりすることもあります。
ニキビがあるときには、ファンデーションをパウダータイプにすることをおすすめします。
また化粧品に含まれる油分がニキビを悪化させることもあるため、オイルフリーの化粧品がおすすめです。