ニキビ用の漢方薬

漢方薬

気になるニキビを早く治す方法は、薬を使うのが一番の近道です。
市販薬、処方薬、そしてもう1つ漢方薬で治す方法があります。
漢方薬は、ニキビ症状を直接抑えるというよりは、体の内側から体質改善を行って肌の調子を整えてニキビを治していくものです。
一般的な処方薬などが強すぎて肌に合わない人に処方される場合があります。
現在の自分の体の状態をしっかりと把握して伝えて適切な漢方薬を処方してもらうようにしましょう。
主な漢方薬には次のようなものがあります。

 

「当帰芍薬散」…皮膚の黒ずみ、くすみ、シミ、体のむくみ、貧血、肩こり、体力低下、疲れ、冷え性、ホルモンバランスが乱れているときなどに処方されます。
体の血行を促進して、ホルモンバランス調整効果があります。

 

「加味逍遥散」…貧血、頭痛、肩こり、便秘、ストレス、ホルモンバランスが乱れているときなどに処方されます。
血液循環を良くします、ホルモンバランス調整効果もあります。

 

「十味敗毒湯」…化膿したニキビ、皮膚の赤み、かゆみを抑えます。
化膿症状も抑え、体質改善をして根本からニキビを治すことができます。

 

「桂枝茯苓丸」…シミ、赤ら顔、子宮炎症抑制、ホルモンバランスが乱れているときなどに処方されます。
血行を促進して、のぼせ、冷えを改善。
子宮の炎症を抑えて、ホルモンバランス調整効果もあります。

 

「清上防風湯」…皮膚の炎症を抑える効果があります。
顔の炎症を取り去りニキビ治療に効果があります。

 

「排膿散及湯」…皮膚の炎症を抑える効果があります。
皮膚の腫れ、発赤を抑えるため、化膿したニキビにも効果を発揮します。

 

「荊芥連翹湯」…湿疹、くすみ、血行不良などに効果があります。
体の熱、腫れを抑えて血液循環を良くします。
ニキビ、湿疹、慢性鼻炎、蓄膿症などを改善、体質改善をしてこれらの病気になりにくいように予防もできます。